Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

十二人の怒れる男

字|吹

再生する
(吹) 十二人の怒れる男
1時間37分(1957年)

17歳の少年が起こした殺人事件に関する陪審員の討論が始まったが、法廷に提出された証拠や証言は被告人である少年に圧倒的に不利なものであり、陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。ところが、誰が見ても有罪と思えたその状況下で、ひとりの陪審員が無罪を主張する。彼の熱意と理路整然とした推理によって、当初は少年の有罪を信じきっていた陪審員たちの心にも徐々にある変化が訪れる。