Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

江戸川乱歩の陰獣

再生する
江戸川乱歩の陰獣
1時間58分(1977年)

「私は先生のファンです。」探偵作家寒川にさりげなく近づいた女、静子のうなじにはエロチックな赤いミミズ腫れがあった。その静子が大江春泥から脅迫されているという。昭和3年、寒川は怪奇幻想が売りの変格派春泥を軽蔑し、批判の文章も書いていた。春泥は静子の初恋相手だったが、ふられた腹いせに復讐を宣告してきたのだ。脅迫状には静子と夫の夜の秘事まで観察した記録があり、闇に潜む陰獣のような眼に静子は恐れおののいていた。そして第二の脅迫状が届き、予告通り、静子の夫六郎が隅田川に溺死体で浮かび上がった…。