Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

アキラとあきら

再生する
第一話
51分

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。各チームの代表は東京大学出身同士の階堂彬 (向井理) と山崎瑛 (斎藤工)。彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれたエリート、階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、山崎瑛。2人はそれぞれの人生を切り開き入行した。実は2人の人生はこれまでにも交差していた。しかし、2人はまだその事実に気付いていない。互いに刺激し合いながら、苦難を乗り越えていく2人。そして“宿命”としか言いようのない、過酷な試練が2人に降り掛かる…。