Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

歴史巨編特集

『ツタンカーメン 呪われた王家の血』や『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』など、壮大なスケールで描かれる歴史巨編を集めました。

image

王座を巡り繰り返される裏切りと陰謀。王家の血に隠された悲劇の少年王ツタンカーメンの物語

<作品情報>王家の谷に葬られたツタンカーメン王の墓。1922年にイギリスの考古学者ハワード・カーターによって発見され、世紀の大発見であると称賛され、盗掘被害が少なくほぼ完全な状態で発見されたことは奇跡といわれている。謎のベールに包まれた悲劇の少年王の生涯を描いた「ツタンカーメン 呪われた王家の血 」が日本に上陸した。ツタンカーメンを演じるのは新生アヴァン・ジョーギア、宰相アイをアカデミー賞俳優のベン・キングスレーが演じる。 ------------------------------------------------------------<ストーリー>紀元前1332年、世界最強の国と恐れられていたエジプト。内紛で忠臣に毒を盛られ瀕死状態のアクナテン王は、わずか9歳の息子ツタンカーメンに王座を託した。幼い少年王に代わり、影で国を動かしているのは宰相アイ、将軍ホレムヘブそして神の名のもとに民を食い物にする神官たちだ。その中でもツタンカーメンを守り、育ててきた宰相アイの権力は絶大だ。 月日は流れ、逞しく成長したツタンカーメンは、父の遺言である王家の純血を絶やさないために姉のアンケセナーメンと結婚したが、その間に子を授かることができないでいる。生き残るには世継ぎが絶対に必要なのだ。王宮内で安息の場所も得られない状態の中、ミタンニ人のエジプトへの侵略が進行し、国境近くでの略奪行為が横行している事実を知ったツタンカーメンは自身が先導を切り、ミタンニ人への総攻撃を計画する。一斉攻撃を仕掛けるエジプト軍だが、戦いは劣勢を強いられる。ツタンカーメンは将軍たちの制止を振り払い、最前線へ進軍したが、一瞬の気の緩みで負傷し、瀕死の状態に陥ってしまう。辛くも勝利したエジプト軍ではあったが、ツタンカーメン王は帰還することは無かった。将軍や宰相はツタンカーメンが帰還しなかったことを民衆に隠し、次の王座を狙い水面下で陰謀を企て始める。数日後、ミタンニ人との戦場近くで重傷を負った兵士が見つかる。それはまさしくツタンカーメンであった。村人の献身的な看護で一命を取り留めたツタンカーメンはエジプトへ帰還するが、彼を待っていたのは裏切りと陰謀が蔓延する哀しみの運命だったー。

歴史巨編特集

Now Loading

特集一覧へ