Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

【アニメ映画公開記念】岩井俊二特集

アニメ映画の公開に合わせ、実写版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』がいよいよ配信開始。

image

【予告編】アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が8.18劇場公開

【2017年8月18日劇場公開】原作は『Love Letter』の岩井俊二。脚本は『モテキ』の大根仁。刺激的な作品の数々で観客を魅了し続ける二人が綴るのは、“繰り返される夏の一日”を描くラブストーリー。総監督を務めるのは社会現象化した『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之。声の出演は、話題作への出演が相次ぐ広瀬すず。声優初挑戦となる菅田将暉。同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇る二人のほか、声優界のトップランナー・宮野真守、国民的女優のひとり、松たか子と、ジャンルの垣根を越えた豪華キャストが集結。そして切なくも美しいメロディでラストを飾るのは、本作のためのコラボレーション、DAOKO×米津玄師による主題歌「打上花火」。Huluでは現在この最新作の予告編を配信中。

image

【作品紹介】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

岩井俊二監督による少年少女のひと夏の思い出を描いた大ヒット青春TVドラマの劇場公開版。小学生の典道 (山崎裕太) と祐介 (反田孝幸) たち男子5人は、花火を横から見ると丸いのか、平べったいのかという素朴な疑問を抱き、花火大会の夜、その答えを確かめるべく町のはずれにある灯台に行くことを計画する。同じ日、両親の離婚で転校することが決まっていたなずな (奥菜恵) は、プールで競う典道と祐介、どちらかの勝者と駆け落ちすることを企てる。少年と少女の、淡くも瑞々しい恋を懸けた勝負の行方が、ふたつの異なる結末へと昇華するー。

image

【作品紹介】四月物語

桜の季節。東京・武蔵野にある大学に通う為、北海道から上京してきた卯月は、慣れない土地で独り暮らしを始める。おとなしい性格の彼女は、個性の強い人々との触れ合いの中で、次第に心を開いていく。だが、そんな卯月も大学の志望動機を聞かれた時だけは、思わず言いよどんでしまうのだった。実は、卯月には人に言えない不純な動機があった―。

image

【作品紹介】リリィ・シュシュのすべて

田園が美しいある地方都市。中学二年の蓮見雄一 (市原隼人) は、かつての親友、星野 (忍成修吾) にいじめられ、窒息しそうな毎日を送っている。唯一の救いはカリスマ的歌姫リリイ・シュシュの歌声だけ。自らが主宰するファンサイト「リリフィリア」の中にいるときだけが本当の自分でいられる瞬間だった…。

image

【作品紹介】スワロウテイル

むかしむかし、“円”が世界で一番強かった頃、いつかのゴールドラッシュのようなその街を、移民たちは“円都 (イェンタウン)”と呼んだ。でも日本人はこの名前を忌み嫌い、逆に移民たちを“円盗 (イェンタウン)”と呼んで蔑んだ。ここは円の都、イェンタウン。円で夢が叶う、夢の都。…そしてこれは、円を掘りにイェンタウンにやって来た、イェンタウンたちの物語。

image

【大根仁監督】『モテキ』第2話

岩井俊二監督の作品に影響を受けてきた大根仁監督が、繰り返し『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を見て、カット割りから、セリフ回しを研究。ドラマ「モテキ」の第2話で『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ロケ地巡りに行くというストーリーを作り上げた。

【アニメ映画公開記念】岩井俊二特集

Now Loading

特集一覧へ