Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

映画を彩るサウンドトラック

素晴らしい映像や演技だけでなく、名作は音楽でも記憶する。そんな映画を彩るサウンドトラックが秀逸な作品を集めました。

image

新鋭デイミアン・チャゼル

デイミアン・チャゼルは若い頃はミュージシャンを志し、その時の原体験が「セッション」を創り出すモチベーションになったという。ジャズ・ドラマーが主人公の「セッション」においてサウンドトラックは全曲必聴であるが、中でも「キャラバン」は印象深い。続く2016年の「ラ・ラ・ランド」は第89回アカデミー賞の監督賞・主演女優賞をはじめ、数々の映画賞に輝いた。本作のサウンドトラックも名曲揃い。オープニング曲「Another Day of Sun」が流れるシーンは素晴らしく、明るく楽しげな雰囲気が「ラ・ラ・ランド」の世界へと誘う。エマ・ストーンの「Someone in the Crowd」、しっとりとした「Mia & Sebastian's Theme」や、エマ・ストーンとライア・ゴズリングが歌い上げる「A Lovely Night」はいつまでも聴いていたい気分にさせてくれる。

映画を彩るサウンドトラック

Now Loading

特集一覧へ