Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」特集

第70回エミー賞 ドラマ部門作品賞、主演女優賞他 15部門20ノミネート。世界中で社会現象を巻き起こしている衝撃作。待望の新シーズンが、8/29より独占配信!

image

【現地時間9/17発表】 本年度エミー賞15部門20ノミネート!

昨年のエミー賞では、動画配信サービスのオリジナルドラマが作品賞を受賞するという史上初の快挙を成し遂げ、主要部門含む最多8部門を制覇。さらに、ゴールデングローブ賞(作品賞・女優賞)、ピーボティ賞、英国アカデミー賞など数々の賞を受賞し、賞レースを席巻。果たして、今年のエミー賞の結果はいかに!? 尚、「第70回エミー賞 授賞式」の模様は9月18日(火)午前9時からHuluのFOXチャンネルにてリアルタイム配信でご覧いただけます。

image

【STORY】 屈しない、これ以上。

環境汚染が原因で少子化が深刻化した世界、妊娠ができる健康な身体を持つ女性は、家族、仕事、財産、そして人権をも突然奪われ<子どもを産むための道具=侍女>として上流階級の夫妻のもとに送り込まれることが法律で定められている。その恐ろしく異様な世界で、侍女として仕えることになったオブフレッド。侍女たちが行動を極限まで制限された監視下の世界で、どのように今を“生き抜く”か、オブフレッドの目線を通して力強く描く。

image

【ディストピアとは】

“ディストピア(絶望郷)”とは、“ユートピア(理想郷)”と正反対の未来も希望も持てない社会である。市民は政府による徹底的な管理・監視下におかれ、思想や結婚をはじめとする“人”としての権利を奪われ、また人間としての尊厳や人間性までもが否定される。一般に“ディストピア”で描かれる世界は、表面上はあたかも理想社会のように見えるのだが、その理想を叶えるために、実はその陰で多くの犠牲を払う少数の市民が存在する。

image

【ギレアド共和国とは】

環境汚染が原因で少子化が深刻化した近未来の世界で、原理主義者の一派がクーデターを起こし、かつてのアメリカ合衆国に誕生させた宗教主義国家。ここでは国家の徹底的な管理により、国民は主に支配者層とそれに仕える下層階級とに分けられている。ギレアド共和国では世界的な不妊(少子化)危機に対処するため、妊娠可能な健康な女性たちはそれまでの生活から引き離され、支配者層に仕える“侍女”として、彼らの子どもを産むだけの道具となる。

image

【侍女】オブフレッド(本名:ジューン) cast:エリザベス・モス vc:本名陽子

夫と幼い娘と共にカナダ国境を目指し逃げるが捕えられ、家族はバラバラに。子どもを産むための侍女として、ウォーターフォード司令官夫妻に仕える。侍女は自分の名前を奪われ、仕えている家の主人のモノ(=オブ+フレッド)として呼ばれ、本を読むことも、1人で外出することも許されず、全ての行動を極限まで制限されている。

image

【司令官】フレッド・ウォーターフォード cast:ジョセフ・ファインズ vc:咲野俊介

ギレアド共和国建国メンバーで、幹部のひとり。ウォーターフォード家の主で、誰も逆らうことは許されない。子どもを授かることを願い、月に一度の儀式を続けるが、オブフレッドに対し他の人とは違う接し方をし始める。

image

【司令官夫人】 セリーナ・ジョイ・ウォーターフォード cast:イヴォンヌ・ストラホフスキー vc:園崎未恵

ギレアド共和国建国期にフレッドと共に活動し、かつてのアメリカ合衆国時代は本を執筆するなどキャリアウーマンだった。今は司令官の“妻”としてオブフレッドが妊娠することを心待ちにするが、ギレアド共和国になり、夫との距離が離れていくことに不安を感じている。

image

【運転手】 ニック cast:マックス・ミンゲラ vc:木村昴

ウォーターフォード家の運転手。運転だけではなく、司令官の様々な頼まれごとをこなす。アメリカ合衆国時代、不況のなか仕事が続かず職探しをしていたところ、ギレアド共和国建国に向けて活動する組織の幹部だという1人の男に誘われ、今の職に就く。

image

【女中(マルタ)】 リタ cast:アマンダ・ブリューゲル vc:土井真理

ウォーターフォード家に仕える女中。ギレアド共和国建国期の戦争で息子を亡くしている。富裕層の各家庭には女中がおり、家事全般を担当。

image

【教育係】 リディア小母 cast:アン・ダウド vc:片岡富枝

侍女たちを教育するための“赤いセンター”と呼ばれる施設の教育係。侍女たちを指導、矯正し、反抗する侍女には常に携行しているスタンガンによる体罰で統率をする。しかし、時には彼女たちの母親的存在になる。

image

【赤いセンター】

子どもを産むことができる健康な身体の女性は“赤いセンター”に連行され、徹底して「子どもを産むための道具=侍女」としての教育を受け、耳に付けられた赤いタグで管理される。子どもを授かるための月に一度の儀式についても、このセンターで訓練される。

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」特集

Now Loading

特集一覧へ