Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

火の女神ジョンイ

字幕

再生する
(字) 第1話
48分

16世紀後半、朝鮮第14代王・宣祖の時代。沙器匠 (サギジャン) のイ・ガンチョンとユ・ウルタムは王命を受け、陶磁器製造所・分院 (プノン) の最高官職・郎庁 (ナンチョン) の座をめぐって勝負をする。宣祖は2人が作った茶器を気に入るが、仁嬪 (インビン) キム氏とガンチョンの計略に陥ったウルタムは、無実の罪で分院から追放される。同じ頃、沙器匠の助役ヨノクは分院の窯の中で女児を出産。師匠のウルタムに娘を託し、この世を去ってしまう。ウルタムにジョンと名づけられた赤ん坊は、やがて陶芸よりも狩りや弓に夢中のおてんばな少女に成長する。ある日、ジョンは山の中で光海君と運命的な出会いを果たし、今まで感じたことのない胸の高鳴りをおぼえるのだった。そんな中、ウルタムは分院に戻る機会を得るが、ガンチョンが送り込んだ刺客に暗殺されてしまう。突然父を亡くして傷ついたジョンは、ウルタムを侮辱するガンチョンの言葉を偶然耳にし、沙器匠となって父の無念を晴らそうと決意する。それから5年後―。朝鮮一の沙器匠となるため、男装してテピョンと名を変えたジョンは、ひょんなことから光海君と再びめぐり合うが…。