Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

モロッコの風は熱くの検索結果


あなたにおすすめの作品

修羅の群れ

修羅の群れ

昭和8年の冬、横浜四親分衆の一人、加東伝三郎が、一人の青年・稲原龍二と出会う。この出会いから稲原は加東の若い衆となり、男として名を上げていく。そして、その兄貴分・横山新二郎から任侠のイロハを教わる。そんな中、龍二の頭角を現す姿に嫉妬する身内の者たちから襲われるが九死に一生を得る。そして、太平洋戦争に突入した時勢の中、龍二は横浜四天王の一人・鶴岡政次郎とも出逢う。戦後の混乱期、二人の海軍復員兵・長谷部夏治と森谷義男は、龍二に出逢い、龍二の右腕と左腕となる。戦後の龍二の勢いは凄まじく、モロッコの辰、井沢輝一といった一角の男たちを持ち前の侠気と男気で次々と舎弟とする。昭和24年春、遂に稲原組が一家を成す。わずか10名たらずながら、熱海を制覇するや、小田原、横浜、静岡へと進攻し、組員もみるみる増えていった。だが、大所帯になるにつれて、波紋も起こった。腹心の井沢が道を外した行いをしたため、断腸の思いで破門せざるをえなくなり、さらには兄貴分の新二郎が倒れる。自分の思いだけではどうにもならない立場に立ってしまったことを痛感する龍二…。だが、龍二に残された道とは、修羅の道を進み続けることしかなかった。