Hulu をお楽しみいただくために、推奨ブラウザを使い、Javascript を有効にしてください。

ブタがいた教室

再生する
ブタがいた教室
1時間50分(2008年)

大阪の小学校の新任教師が始めた実践教育が、日本中に波紋を投じた。それは“ブタを飼って、飼育をした後、自分たちで食べる”というものだった。映画化に際して、子どもたちには、セリフ部分だけが白紙で、結末が記されていない脚本が渡された。26人の子どもたちのリアルな言葉と熱い涙が観る人の心を揺さぶる、賛否両論を呼んだ実話の映画化。