CHART相関図

登場人物の画像をタップすると詳細がご覧いただけます

  • シャーロック
    Sherlock Holmes

    イギリス生まれの日本人で帰国子女。その卓越した観察力と推理能力から、捜査コンサルタントとして奇怪な事件に関わる。知識・頭脳こそ我が身を守る武器として生きてきた頭でっかち人間。他者に対して素直に心を開くことはないが、彼女を理解する周囲のごく限られた人達の中で、事件解決を日々の営みとしている。チョコレートホリック。

    竹内 結子 YUKO TAKEUCHI

    1980年4月1日生まれ、埼玉県出身。96年、女優デビュー。NHK連続テレビ小説「あすか」(99)のヒロイン役で注目を集める。映画『黄泉(よみ)がえり』(03)、『いま、会いにゆきます』(04)、『春の雪』(05)、『サイドカーに犬』(07)では数々の映画賞で主演女優賞を受賞。09年は米TV人気ドラマ「フラッシュフォワード」に出演し、監督のマイケル・ナンキンに「日本のヘップバーン」と絶賛される。近年の主な出演作に映画『ストロベリーナイト』(13)、『インサイド・ヘッド』(15・日本語吹替版)、『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-』(16)、『クリーピー 偽りの隣人 』(16)、テレビドラマ「真田丸」(16)、「A LIFE~愛しき人~」(17)、「イノセント・デイズ」(18)、など。人気、実力ともに日本を代表する注目の女優である。

  • 橘 和都
    Dr. John Watson

    正義感溢れる優秀な外科医。医師である両親の反対を押し切ってボランティア医師団で海外赴任したものの、自身の無力さを痛感し帰国。事件を通して知り合ったシャーロックと奇妙な共同生活を始める。感情をてらいなくむき出しにしてしまう性格のため、理性的なコントロールを失う部分も。シャーロックと真逆の心でっかちタイプ。

    貫地谷 しほり SHIHORI KANJIYA

    1985年12月12日生まれ、02年映画でデビュー。矢口史靖監督の『スウィングガールズ』(04)で注目を集め、07年のNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」で初主演、実力派若手女優として脚光を浴びる。08年には、その年の映画・テレビ界で顕著な活躍をした俳優におくられるエランドール新人賞を受賞。初主演映画『くちづけ』(13)では、日本アカデミー賞と並ぶ権威あるブルーリボン賞で主演女優賞を受賞。主な出演作品にTVドラマ「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」(09)、「女くどき飯」(15)、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」(17)、舞台「ガラスの仮面」や「ハムレット」などに出演しているほか、ナレーションにも定評があり活動の幅を広げている。今や、日本を代表する演技派女優のひとりとして活躍している。

  • 礼紋 元太郎
    Inspector Lestrade

    警視庁刑事部捜査一課の才能ある警部。敏腕だが狡猾な部分も持ち合わせ、出世のためにシャーロックの才能を利用する合理的な考えの持ち主。よって、立ち回りがスマートで部下の柴田への仕事の振り方も見事である。ダンディで愛妻家。ITなど最新の情報にも強い。

    滝藤 賢一 KENICHI TAKITOH

    1976年11月2日 生まれ。愛知県出身。1998~2007年、仲代達矢が主宰する「無名塾」に所属し、舞台を中心に活動後、08年の映画『クライマーズ・ハイ』の新聞記者役を好演し、以降、TVドラマ「外事警察」(09)やNHK大河ドラマ「龍馬伝」(10)、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(12)など話題作に相次いで出演。10年からは日本を代表する人気シリーズ「踊る大捜査線」シリーズの中国人刑事役で人気を博し、13年には大ヒットドラマ「半沢直樹」で、重要な役どころとなる、葛藤を抱えた主人公の親友役を熱演し、17年公開の映画『関ヶ原」では、今までにない豊臣秀吉を演じ、日本を代表する名脇役としてその名を世に知らしめた。今や日本の映画やドラマに欠かせない重要な俳優の一人。

  • 柴田 達也
    オリジナルキャラクター

    礼紋の部下、巡査部長。真面目が取り柄で保守的。現場にしゃしゃり出てくるシャーロックが気に食わない。でも、天才の閃きを支えるのは地道な捜査、という礼紋の右腕として日夜仕事に励み、シャーロックの捜査を裏で支える。

    中村 倫也 TOMOYA NAKAMURA

    1986年12月24日 生まれ。東京都出身。2005年に映画『七人の弔(とむらい)』で俳優デビュー。NHK大河ドラマ「天地人」(09)、「軍師官兵衛」(14)など多数の人気作に出演。初めて座長を務めた舞台「ヒストリーボーイズ」(14)で第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。17年はドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」「伊藤くん A to E」「新宿セブン」、映画『愚行録』『3月のライオン/前・後編』『あさひなぐ』、主演舞台「怒りをこめてふり返れ」などに出演。18年は映画『伊藤くん A to E』に出演し、4月2日スタートのNHK連続テレビ小説「半分、青い。」、5月12日公開の映画『孤狼の血』を控えている。現在、金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」(テレビ朝日系・金曜夜11時15分〜)に出演中である。

  • 守谷 透

    戦場カメラマン。和都と同じような境遇を体験し帰国するが、PTSDに苦しむ。同じクリニックに通ってカウンセリングを受けている和都と出会う。意気投合し、魅かれあった二人は恋愛関係に発展する。

    大谷 亮平 RYOHEI OTANI

    1980年10月1日 生まれ。大阪府出身。日本でモデル活動を始めた直後、2003年に韓国の「ダンキンドーナツ」のCM出演が決定。そのCMが高く評価されたことをきっかけに、韓国でモデル・俳優として活動することになる。「追跡者 THE CHASER」(12)など数々の韓国ドラマに出演し、映画では、大ヒット作となった『神弓-KAMIYUMI-』(11)、『バトルオーシャン 海上決戦』(14)などに出演。ドラマ「朝鮮ガンマン」では、韓国ドラマアワード2014 グローバル俳優賞を受賞した。また、2016年4月より日本でも活動を開始、大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演し注目が集まる。18年初夏公開の『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』で日本映画初出演を果たす。日本でも海外でも活躍する国際派俳優である。

  • 双葉 健人
    Mycroft Holmes

    内閣情報調査室の内閣情報分析官。 妹のシャーロックに「私より天才」と言わしめる、ただひとりの人物。政界、財界に顔が利くが、友人はいない。いつも忙しく「20分しか時間がない」が口癖。心を閉ざしたシャーロックを内心心配している。

    小澤 征悦 YUKIYOSHI OZAWA

    1974年6月6日 生まれ。アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。
    98年、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」の沖田総司役で俳優としてデビューし、翌99年には映画『豚の報い』で初主演を務める。以降、映画『隠し剣 鬼の爪』(04)、『クライマーズ・ハイ』(08)、『劒岳 点の記』(09)、『許されざる者』(13)など、数多くの話題作に出演。また、10年には日中共同制作ドラマ「蒼穹の昴」では数少ない日本人キャストとして出演し、更に16年には、映画『JUKAI-樹海-』の主要キャストとしてハリウッドデビューを果たす。同年には米人気ドラマシリーズ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のスピンオフドラマ「クリミナル・マインド 国際捜査班」のリョウ・ミランテ刑事役で出演するなど、国外でも高い評価を得て活躍している。

  • 入川 真理子

    紛争地でPTSDを負った和都が通う入川クリニックの院長で心理カウンセラー。その優しい笑顔と言葉に和都は少しずつ癒され、心から信頼を寄せている。

    斉藤 由貴 YUKI SAITO

    1966年9月10日 生まれ、神奈川県出身。1984年、少年マガジン(講談社)第3回「ミスマガジン」でグランプリに選ばれ脚光を浴び、TVドラマ「スケバン刑事」で演じた麻宮サキ役で一世を風靡する。TVドラマ「はね駒」、「はいすくーる落書」、映画『雪の断章〜情熱〜』(85)、『恋する女たち』(86)、『優駿-ORACION-』(88)、舞台「レ・ミゼラブル」他多くの代表作がある。06年にはTVドラマ「吾輩は主婦である」で主演を務めて高い評判を呼び、14年には宮藤官九郎脚本のドラマ「ごめんね青春!」、16年には三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ「真田丸」など、日本のトップクリエイターたちが手掛ける注目作に相次いで出演。また歌手としても多くのヒット曲があり、他にも詩、小説、エッセイなど幅広い分野で活躍している多才な女優。

  • 波多野 君枝
    Mrs. Hudson

    シャーロックが住む屋敷の家主で未亡人。亡夫は商社マン。過去にシャーロックの両親に危機を救われたことがあり、その恩返しでシャーロックを支えるようになる。以後、彼女の身に起きたことはすべて知っている。

    伊藤 蘭 RAN ITO

    1955年1月13日 生まれ。東京都出身。73年に「キャンディーズ」としてデビューして以降、ヒット曲を連発し国民的人気を博すも、人気絶頂の78年に解散。80年にドラマ「春のささやき」への出演を皮切りに、映画『ヒポクラテスたち』『男はつらいよ〜寅次郎かもめ歌〜』、舞台 劇団夢の遊眠社「少年狩り」などで女優として活動を本格化する。その後も映画『少年H』(13)、『祈りの幕が下りる時』(18)、ドラマ「風のガーデン」(08)、「DOCTORS~最強の名医~」(11~18)、「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(16)、舞台「青い瞳」(15)、「子供の事情」(17)など多数の作品に出演する人気女優となる。